勉強しやすい環境を|将来の道を切り開くために【医学部予備校で勉強を】
先生と学生

将来の道を切り開くために【医学部予備校で勉強を】

勉強しやすい環境を

学生

子どもが中学受験をする際にほとんどの方が塾に通わすと思いますが、塾選びにもさまざまなポイントがあります。まず自分の子どもの特性を理解し子どもに合った塾を選ぶことです。中学受験専門の塾には、学力別にクラス分けをして子どもの競争力を促す塾や一人ひとりのレベルに合わせてその子の学力に合わせた授業を行う塾まで色々あります。穏やかなタイプの子が競争力の激しい塾に入ってしまうと、プレッシャーに押しつぶされてしまう場合があるので自分のペースでできる教室がおすすめです。逆に勝ち負けにこだわる子には一斉授業で授業のペースが早い教室の方が伸びる可能性があります。したがって普段の生活から子どもの性格をよく見極めて選ぶ必要があります。

中学受験を目指す子どもは、大体小3の2月頃から塾に入って本格的に勉強をするようになると思いますが、その前にやっておくとよいことがあります。まず子どもに毎日勉強をする習慣をつけることです。1年生の頃は15分くらいを目安に簡単なドリルなどを行わせます。ポイントは病気以外の時はなにがなんでも毎日勉強させることです。毎日勉強させると勉強するのが当たり前になって、自然に机に向かうようになるからです。他にも本を毎日読ませ、中学受験に出てくるような長文に慣れさせておく必要があります。読書はいきなり読めと言われても難しいので、はじめは親子で読み聞かせをすることをおすすめします。できれば小学校に入る前から読み聞かせを習慣にしているとスムーズに一人読みができるようになります。

Copyright © 2016 将来の道を切り開くために【医学部予備校で勉強を】 All Rights Reserved.