大切な文章の書き方|将来の道を切り開くために【医学部予備校で勉強を】
先生と学生

将来の道を切り開くために【医学部予備校で勉強を】

大切な文章の書き方

考える生徒

相手のことを考えて書く

大学の推薦入試や就職活動をすると、志望動機を書かなければならない機会があります。しかし、急に志望動機を文章で書いて提出しろと言われても、簡単に書けるものではありません。なぜ志望するのかという自分の考えを制限字数内で簡潔に伝えることが大切です。たとえば、就職活動の一環として志望動機を書く場合、それを読んでもらう相手は企業の人事部の社員です。なぜその企業を志望するのか、他の企業にはない魅力や自分の実力を上手にアピールしなければいけません。企業側は提出された多くの履歴書や志望動機書などの提出物を読まなければならないので、その中で自分が他の応募者よりも良い意味で目立つような文章を書くことが求められます。

第三者のチェック

自分で書いた志望動機の文章の出来を自分でチェックするのは、難しいことです。そういった文章を読みなれた第三者にチェックしてもらうことで、初めて修正点がわかります。予備校の講座や大学の就職セミナーでは、自分が書いた履歴書や志望動機書のチェックをしてもらうことができます。そういった場所にいる先生は文章を読み慣れているので、良い点とダメな点を簡潔に指摘してくれます。上手に第三者に手伝ってもらうことで、就職活動を楽にすることができます。志望動機書は、自分がその大学や企業に提出する最初の書類です。その書類によって、大学や企業はまだ会ったことのない応募者の人物像を判断します。それゆえ、志望動機書はとても大切な書類です。

Copyright © 2016 将来の道を切り開くために【医学部予備校で勉強を】 All Rights Reserved.