女生徒

将来の道を切り開くために【医学部予備校で勉強を】

大切な文章の書き方

考える生徒

志望動機の文章は、企業や大学にとって応募者の情報を知る重要なものです。そのため、応募者はしっかりと自分の思いや実力を、その文章内で伝えなければなりません。そのため、第三者に志望動機を書いた文をチェックしてもらうことが大切です。

もっと読む

勉強しやすい環境を

学生

中学受験の塾はそれぞれの塾にさまざまな特色があるので、子どもに合わせて選ぶ必要があります。また本格的に中学受験の勉強をする前に、子どもに自然に机に向かって勉強する習慣や読書の習慣をつけさせるとよいです。

もっと読む

小論文と受講スタイル

医者

小論文のテーマと採点

医学部の入試では小論文を採用しているところが多いです。では、同じテーマの小論文が出て、同じ内容を書いたとしても実は大学によってその採点が異なるケースがあります。理念、小論文の採点方法などがそれぞれの大学によって異なるからです。それは個人で勉強しているだけでは知る由はありません。そこで重要視されているのが医学部専門にしている予備校です。予備校では医学部大学のそれぞれの入試の傾向を分析しているため、それに応じた対策も練られています。どのようなテーマが出題されて、どのように答えれば高得点を得られるかを予備校に入ることで指導を得られることになります。実際に医学部に入学した人の多くは専門の予備校に通っていたのです。

受験生に合ったスタイル

その予備校では大きく集団大教室・少人数制・個別指導の3つのスタイルに分類できます。どのスタイルが良いかというと一概に述べることはできません。なぜならば、受験生それぞれに好みが分かれるからです。自己管理が出来て監視されるのが苦手と感じる人は集団大教室のスタイルが適しています。講師は大人数を相手にするため、自分が見られているという意識が薄まるからです。一方、自己管理が苦手という人は個別指導を利用する方が良いでしょう。講師に細かく指摘を受けることになるため、ルーズになる自己管理をサポートしてくれるわけです。それぞれの性格に合わせたスタイルを見つけることで、より集中した受験勉強ができ医学部への道が広がるはずです。

通信制を考えている方に

勉強

通信制高校は全日制や定時制に通えない方向けに、高校卒業が目指せる教育が受けられます。年齢上限がなく、働きながらや、何らかの障害を負いながらでも通えるのが利点ですね。また、技能連携制度を利用すれば、技能取得も学習過程の履修となりますから、より将来性が見込めるはずです。

もっと読む

Copyright © 2016 将来の道を切り開くために【医学部予備校で勉強を】 All Rights Reserved.